リバーサルフィルムが好きです

PENTAX-KX(メイン)、セミイコンタ、Flexaret VIで今年は撮ります。Rollei35も欲しい。Instagram:akko0920jp

211019_機上はEktachromeがいいかもしれない(過去旅の写真)

冷蔵庫に眠っていた現像済フィルム5本(全てポジ)と

Flexaretに入れたまま放置してしまっていたフィルムを現像に出しました。

 

結果、冷蔵庫に入っていたポジフィルムは全部、おそらく撮影直後と遜色なさそうなレベルできれいに現像されており、室内放置で夏を2回越してしまったネガ(160NS)は、本来の色ではないなぁ。。。という雰囲気で現像されていました。ネガのほうは、とっても古いフィルムで撮ったかなこれ?という感じに仕上がっており。。。いや貴重な写真撮ったんだけどな、、自分のミスとはいえ残念。。。

 

 

-------------

ところで、機上の空を撮るにはやっぱりFujiだろうと思っていました。というかやはりポジではFujiがメジャーなのであって、殆どの場合、飛行機に乗るときにカメラに装填されているのはFujiだったからです。

でもこの旅(2019年12月末~2020年1月上旬)では、偶々Kodakが装填されていました。下は、ライトボックスに乗せたフィルムをデジタルで撮ったものなので正確な色表現がされていませんが(さすがに少し派手になってしまった)、これ相当良かったです。Kodakは紅葉を撮ると落ち着いてきれいだと思っているのですが、機上の夕暮れの空、赤やピンクやオレンジが混ざるときにはKodak、という選択はとてもよいという発見がありました。

 

ま、こんな夕暮れに出会うには長距離乗らなきゃいけないのでそうそう出会えないし、そもそも当面、こんな遠くには行けないかなって感じですが。。(くそうコロナめ)

 

そういえばこの旅の途中、えらい長い時間こんな空の色だったフライトがあったような気がしました。ちょうど日没くらいに高高度に居て進行方向の西向きのベクトル成分が地球の自転と同じくらいの速さになるフライトだと、長時間この空を見ていられる訳ですね。なんのこっちゃ。

f:id:jerryfish0920:20211019235544j:plain

(Fujiがいいと思ってたのだけどKodakもいいなあ)

 

5本のポジの全部が旅先のものだと思っていたのに実は3本だけが旅先で、残りの2本はコロナの最中に室内で撮ったものと、ちょうど一昨年の10月に、先日コスモスを撮りに行ったカメラ友とコスモスを撮ったときのフィルムでした。

コロナがあまりにも絶望的でいろいろなことを忘れていましたが、室内で撮った自作クッキーのアイシング掛けはツヤっツヤでとてもおいしそうだったし、コスモスのあと行きたかったカフェに行って頼んだレトロスタイルのカスタードプリンはとてもおいしそうに撮れていました。

 

アレがしたかったこれがしたかった、というのもいいけど、「変わらずできていたこと」もあったのに忘れちゃったなあ、と思いました。何してたんだろうこの1年半。

 

 

Akko

211009_コスモス撮ってきた[デジタル]

コスモスを!!!とってきました!!

イエエエイジャスティィィース!!

 

とやりたいくらい元気が出ました。やっぱ写真とかカメラっていいですね。。緊急事態宣言がいったん取り下げられてので今のうちに。。(というのは本当はよくないんだろけどごめんもう無理です魂がなくなる)

とはいえ街中ヒトゴミにあまりに繰り出す気はなくて、今回も、あまりヒトがいない地域の、コスモス畑という名の草原で撮ってきました。今日はデジで撮ってきた報告のみ。

 

>>Next

今日フィルム6本を現像に出すので、近くそのレポートが上がります。何が写ってるか覚えてないんですれども。。リバーサル5本、ネガ1本です。全部現像だけにしたので、リバーサルをスマホで撮ったものがアップロードされる予定です。

 

f:id:jerryfish0920:20211009221932j:plain

(コスモス畑と奥の鉄塔、という組み合わせがツボに入ってこればっかり撮った)

 

f:id:jerryfish0920:20211009221704j:plain

(コスモスと夕暮れは最強)

 

毎年こんなのばかり撮ってる気がするけれど、それでも今年も撮ってしまうのは何故なんですかね。

 

 

Akko

210926 今週のお題

今週のお題「眠れないときにすること」

 

コロナ前から寝つきが悪かったのに、コロナで外出しなくなったら余計に眠れなくなってしまったAkkoです。しかも、しばらく試験勉強をしていたのですが、試験勉強をすると割と眠くなるという小学生みたいな精神力なんだから寝る前に試験の本を読めばいいものを、それをする気力はない(なぜなら昼に勉強してるから)ということで、もうどうしようもなく眠れていなかった初夏まで。

 

結論を言うと、出勤頻度を上げて(週1とか→週3くらい)、友人のすすめでリングフィットアドベンチャーを始めたら少しだけ寝つきがよくなった感じがあります。このご時世ですが、出勤は、会社めちゃ近いのでお許しを。。

なにせとにかく運動不足すぎて眠れていなかった感がすごかったのですが、ひとりで近所を散歩するのも飽きっぽくてできない。出勤で歩き、リングフィットで少しの筋トレ。飽き性の私に一応3週間くらい継続させてるリングフィットえらいすごい。

 

眠れない日々にはやっぱり事前の運動ですよ。季節もいい感じになってきたので、久しぶりに一日撮影で外出して泥のように眠ってみたいものです。

 

 

Akko

210923_インスタントカメラでリバーサルフィルムを使う

前回の続きです。

(↓前回)

jerryfish0920.hatenablog.com

 

LomographyのSimpleUseにリバーサルフィルムを充填して撮ります。

細かいことは省略して、実際やった方法のみ書きます。

 

 

●用意するもの

 フィルムを詰めたインスタントカメラ

https://shop.lomography.com/jp/lomography-simple-use-camera-with-color-negative-film

 測光アプリ(私はPocket Light Meterというアプリを使ってます)

 

 

【1】カメラのスペックを確認

 

公称値は以下:他のカメラにも絶対に書いてあります。

----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------

フィルムの感度、f値シャッタースピードの3つの値によってうまく撮影できるかどうかに差がでるので、この3つの値を決めていきます。

いくんですが、インスタントカメラではf値は変えることができません。また一度フィルムを入れたらフィルムを出すまでフィルムの感度も変えられません。なので必然的に、下記1、2の値は固定になります。

そして、フィルムの感度によって適切に撮影できるシャッタースピードの範囲もおおよそ決まってしまうので、★のところの数値が「適切に撮影できる数値」になったときだけ「よく撮れる」になります(数値範囲外のときは後述)

 

 

【2】Pocket Light Meterで撮りたい場所の明るさを確認する

 

アプリ画面を見てみましょう。

 

f:id:jerryfish0920:20210923135621j:plain

(夜の室内で自作クッキー。暗い)

 

① ここは9で固定。カメラの公称値がf/9に合わせる。

  他のカメラでf/10だったら10に、f/8だったら8にする。

② ここは入れるフィルムのISOに合わせる。

  現状、リバーサルフィルムは全部100。

 

この状態で撮りたい風景の「いちばんきれいに映ってほしい場所」をきいろワクに入れる

 

③ ここの数値がおおよそ、120~250程度の数値になったときは良く撮れる

  250~500程度のときは一部白飛びするかもしれないけど撮れる

  60~120程度だと暗いと思うので、暗めになるリスクを承知して撮る

  この数値にならなかったら諦める。

 

つまりこの画像の状態は今回のカメラとフィルムでは撮れません。

-------------------

 

それだけ。

人生取捨選択なのです。無理なときは諦めるかスマホで撮りましょう。

 

他のシーンの例です。

f:id:jerryfish0920:20210923135002j:plain
f:id:jerryfish0920:20210923135224j:plain
f:id:jerryfish0920:20210923135235j:plain
f:id:jerryfish0920:20210923135243j:plain
(他のシーンの例)

左:通勤途中の空き地です。1/320はちょっと明るい。私は明るいめが好きなので、このくらいだったら撮ってみるような気がします。

中左:スマホのカメラは自動調節してしまうのでわかりにくいですが、日陰の壁です。1/30秒露光しないと撮れないくらい暗いので今回は撮れません。

中右:1/500のシャッタースピードが適切、ということで相当明るいです。真昼間なのでそりゃそうな感じですが、夏~秋の真昼間はこのカメラではきついかもしれません。

右:夕方になりました。これ1/125なのか~もっと暗いかなと思っていたのでちょっと意外。でもとにかくこれくらいだと適当に撮れそうです。

 

 

だいたいどんな明るさのときによく写るかは、やってみるとだんだんカンで解るようになってきます。36枚撮る頃には「あ、これいけるわ」「今はもう無理だな」「いや晴れすぎ無理じゃん」とかなんとなくわかるようになっている自分が発見できると思います。

わかるようになったあと、測定して「行ける」って言われたらカンが当たってうれしい、「無理」って言われたらカンが外れて悔しい、というゲームをするつもりで撮り歩きましょう。

 

【3】撮れるもの

 昔撮影したものを紹介します。もちろん全部Simple Useで撮りました。
 さすがにインスタントカメラ(?)で撮った例を見たことなかったのでどんな程度撮れるのか解らずドキドキしていましたが、予想よりもちゃんと撮れました。現像後にすごい喜んでいたのを思い出します。

 

f:id:jerryfish0920:20210920232500j:plain

(会社帰りなので夕方だったけどまだ明るかった)

f:id:jerryfish0920:20210920232540j:plain

(出勤時。初夏の朝07:40頃)

f:id:jerryfish0920:20210920232635j:plain

(お花畑。太陽のほうを向いた空だと明るすぎる)

f:id:jerryfish0920:20210920232718j:plain

(同じ日、同じ場所だけど太陽でないほうの空はいい色で撮れる)

f:id:jerryfish0920:20210920232807j:plain

(さすがに暗すぎた。測定せず適当にシャッター切った)

f:id:jerryfish0920:20210920232844j:plain

(建物の中でも窓の近くはきれいに映る。光がにじんできれい)

 

【4】おわりに

実際の撮影編はこれにて終了です。構えても撮れないタイミングがある、というのがこの種のカメラでリバーサルを撮るということの「できないこと」ではあります。

じゃあ写ルンですではこんなに慎重に撮影する必要がないのはナゼなのか、となるのですが、通常のフィルム(ネガフィルム)は、ちょうどいい明るさでも、ちょっとくらい明るくても暗くてもイイカンジに撮れちゃうというスバラシイフィルムだからです。リバーサルフィルムとはスバラシイの方向性がちがうのです。

 

どっちのフィルムもスバラシイのに、リバーサルは難しいと思われがちです。

 

私は声を大にして言いたい。

Simple Useと測光アプリで使えるフィルムなんて、車の運転の10,000倍簡単だよ!!!

 

(と、運転苦手なペーパードライバーが言う)

 

 

Akko

 

210920_カメラすら持っていない状態でリバーサルを撮るといくらかかるのか

リバーサルフィルムが好きだから

リバーサルフィルムを撮ってほしい!!!(エゴ)

 

感度がシビアとか、

現像どこですんねん、

とか様々な疑問が噴出し、

最近フィルムカメラが話題という若者たちの間でも

そんなにポジフィルムを使っている人はいないのではないかという

感じがしています。

 

正直リバーサルフィルムはここ数年だけを見ても

急速にフィルムの種類が少なくなり、現像取扱いが減り、値段は上がり、、

という状態です。なのでいつか無くなってしまうかもしれません。

気づいたときに「もうないのか」となってしまう前に一度でいいから

リバーサルフィルムで撮って見てほしい。

 

 

そこで、一体いくらあったら、一体何をどうしたらリバーサルフィルムで

撮って見れるのかという予算と、

案外インスタントカメラでもリバーサル撮れるよ、って話をします。

 

こちらの記事は[費用編]です。

後編[撮影編]は後日。とはいっても、Podket Light Meterで測って撮るというだけであるが。。。

 

結論から行きましょう。

 

フィルムカメラ本体をもっていないひと

 最初の1本おためし:5800円(実質、4700円)★

 ランニング:2700円(Proviaの場合、36枚撮り)

 

 最初の10,000円でこのくらい撮れます。たっけぇーーーー(涙

 10,000円分感動してもらえる確信はあるけど、それでもたっけぇーーー(涙

f:id:jerryfish0920:20210919123615j:plain
f:id:jerryfish0920:20210919123712j:plain
f:id:jerryfish0920:20210919123732j:plain

 

フィルムカメラを持ってる人

 ランニング:2700円(Proviaの場合、36枚撮り)

 10,000円で4本くらい撮れるので、上記+もう1シート撮れます。

 

ランチ1回1,000円でおいしく食べられる(先日食べた)この国で、ポジ3シートでランチ10回分はこりゃなかなかですわ。。。少し前までもう少し安かったんですがね。滅びゆくものなので仕方ないか。。。

 

 

費用詳細

Provia 1600円

Amazon.co.jp: FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム PROVIA 100F 35mm 36枚 1本 135 PROVIA100F NP 36EX 1 : 家電&カメラ

 

■現像:1500円(キタムラ)

135mm、36枚撮り、通常処理

www.kitamura-print.com

 

■Simple USE FILM CAMERA  およそ2700円

dc.watch.impress.co.jp

「中身が詰め替えられるインスタントカメラ」およそ2700円。この商品には、36枚撮り1700円ほどの「Metropolis」というフィルムの24枚Ver.が予め詰められて売られています。つまりフィルムおよそ1100円分が入ってるのでカメラ本体は1600円、あれ、案外お高いな、。

これ買うくらいならちゃんとしたやつのほうがいいかな? 在庫少なさそうだけど。

on-and-on.ocnk.net

こっちもバカ可愛い。群馬県高崎市の会社らしく私の地元に近い。頑張ってほしいのでこっち買うかも(ちなみにYAMAカメなら白がいいなー)

camepstore.com

ちょっと話戻ると、Lomoのインスタントに入ってるMetropolisめちゃくちゃ渋くて、コンクリートジャングル撮るのに良さそうな予感。カメラのキタムラの店舗に飾ってあった、曇りの日の紫陽花のMetropolisも淡くて渋くてすごくよかった。

 

 

とにかく、カメラもない人の初期投資額はおよそこんな感じ。

 

カメラ持ってない人にすら布教しようとしているのか私は

と冷静に自分でつっこむよ。

 

 

 

 

Akko

 

210920_現像済リバーサルを1or2コマお送りする作戦はどうか【思い付き】

 

ちゃんと「写真やカメラの」ブログを書いたのはいつぶりになるでしょうか。ご無沙汰しております。

この投稿はタイトルの通りのことなのですが、背景を下にダラダラ書きます。概要を言うと、久しぶりにカメラ触ったらリバーサルの環境がゆっくりだが継続的に悪化しており、リバーサルフィルム布教(≠普及)委員会として危機を感じたので、気になっている人には実物を見てもらえるようにしたいと思った、ということです。

 

 

はい、改めましてですが、「リバーサルフィルムが好きです」を書いていたはずの、今全然カメラを触っていないAkkoです。いろいろあって写真から遠ざかっていたのですが、少し前にカメ友のおかげで急にカメラの話を再開しました。友達はコロナを気にして引きこもっており、しばらく撮っていないそうですがそれでも、前に撮った写真をゆっくりInstaに投稿しながら写活は続けていてとっても尊敬です。

そんな感じで久しぶりにカメラのことを話していて、いろいろあってLubitel166+を彼女に貸すことになりました。家にあるフィルム(ブローニー)、1年半写真撮らない間に期限が切れていて、使い切れないので3本くらい彼女にあげることにしてフィルムケースを漁っていたらなんと。

コロナ直前、2019年末~2020年1月10日頃まで逃亡していた海外で撮ったフィルム(135*3本+120*1本) が未現像で出てきました。

(*^-^*)

・・・ Noooooo!!!!!

in冷蔵庫なので、まだ希望はあるか。。。

 

 

更に、Flexaret 6を久しぶりに眺めて「久しぶりすぎるけど、やっぱりこのカメラかわいいスバラシイ(ニコニコ」としていたら、フィルムカウンターが「8」であることに気付きました。

(*^-^*)

・・・ Oh My God!!!!!

こいつは夏の間も普通に室内でした。そもそも何のフィルム入ってたか不明ですし、1~8の間に何が写っているかも覚えていません。無理やり撮りきって昨日開けたらFuji 160NSでした。ネガなのでリバーサルよりはまだ希望があるか。。。

 

そんな感じで落ち込みつつ、でも現像は出してみようと思っていつもお世話になっていた現像屋さんを覗くと、1年半前の値段を覚えてはいなかったけれど、最初に頼んだ時(2017年頃)に比べるとめちゃめちゃ高くなったなぁ、と思わざるを得ない現像代金です。もちろんこれでも正直利益が出てるのか定かでないので値段に文句はなく、いつもとってもきれいに現像してくださるのでお値段以上の価値を貰っているとは思っているものの、1000円でランチが食べられる国でフィルム写真の趣味というのは高い買い物だなと思わざるを得ないなあ、と再認識してしまいました。

 

さてここで、私のブログを振り返ってみましょう。

リバーサルはいいぞーいいぞー、とずっと言い続けている(いた)ブログなのですが、リバーサルフィルムの神髄は、そのフィルムを手にとって実際に現物を見ることであることを言っています。リバーサルフィルムは時間をこえて過去からやってくる、カメラのファインダーだと(当時)思いました。上手いこと言ったかもしれない。

 

jerryfish0920.hatenablog.com

 

また、1stロール(これは実家のHasselで撮らせてもらったもの)の感動はものすごく、自分でLubitelを買って撮影した会社の横の公園なんて、どこのハワイかと思うほどの感動でした(ハワイ行ったことないけど)。

jerryfish0920.hatenablog.com


↑003に出してるものの左上のものが「どこのハワイ」です。海の近くのただの公園です。

しかし、現物を見てもらう機会を提供できたことはありません。正確には「やってみたいこと」として頭の中にはあるのですが実現できていません。実現しても見せたい対象の人にまず伝わらないし。

 

リバーサルの良さは現物だ。ということは、Blogを書こうが新たに動画を撮ろうが、真の良さは伝わらないことになります。

布教委員会としてはぜひ現物を見てみてほしい。そしてそこから撮ってみたいと思った人には撮ってほしい。よし、気になる人にはあげちゃえばいいんだ。と急に思いました。雑すぎる思考。まあいいか。

私は別に写真を生業としている人ではないし、ごらんの通り別に上手い写真を撮る訳ではありませんが、幸い今からはコスモスの季節です。無難な写真くらいなら撮れる(と思う)。都会も1本くらい撮ってみるかな? なお私は135mmのフィルムカメラよりも先に中判(Lubitel)を買った変な人なのですが、さすがにおすそ分けは135mmになる予定です。。

 

費用を頂くつもりはありませんので、ちょっと気になるな、と思ってくださった方は続報をお待ちください。問い合わせフォームをつくるようにします。

 

言ってしまったら実行するだろ、の精神でまず書きました。今年の紅葉をぜひリバーサルで(紅葉にはEktachromeを試したいところだが)撮ってみてくれる人が増えたらいいなと願いつつ。。

 

 

Akko