リバーサルフィルムが好きです

リバーサルフィルムが大好きな管理人によるブログ。リバーサルフィルムの綺麗さを10000人に布教したい。カメラ:Lubitel 166+、Pentax KX。最近、セミイコンタが仲間入り。Instagram:akko0920jp

写真SNSとイイネを欲する気持ち(個人的意見)

大変残念な気持ちになるマナー違反による写真撮影が炎上して、炎上が起こるとその主をすごい速さで特定し(これもすごいよね。。)、その主を叩きまくる、という嫌な流れが続いています。

 

今回のルミナリエの件でも、ついったー結構見てしまっていたのですが「こんなのわざわざ報道番組で取り上げるほどのことじゃない」という意見もありました。確かに、マスコミが炎上を助長している節があるなとも思うのです。でも実際には報道されなくても以下のようなことは起こっています。

 

これだからカメラ勢は・・・と言われる

必要以上に人が叩かれる不寛容社会

マナー違反の人がきっかけとなって有名な木が伐採される

京都がカメラお断りだらけになる

 

 

なんかもう全部嫌だ。そして思う「インスタ映え」なんてことば無くなれ。なんならむしろデジカメ無くなれ。まで最近思う。

でもどうやったって「インスタ映え」的なものはなくならない。むしろ「インスタグラム自体が悪い」訳じゃない。そしてきっと日本の報番組も変わらない(みんな団子になって同じことばっかり言ってる)

 

では、使う側から変わらないとな、と思う。さてどうしたら。

 

私は思う。

みんな、日常生活でもっと人を褒め合えばいい

んではないかと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は、写真SNSにおける「イイネ」は、承認欲求を満たすものだと思っています。誰だって「それいいね!」って言われたら嬉しい。でも悲しいかな、日本人はあまり人のことを褒めないな、と思う。

 

「それいいね、そんなことできるのすごいね!」というポジティブワードが職場(最近の学校は知らんので)で出ることはなく、大体は「なんだおまえそんなこともできないのか」みたいな評価。

 

人より得意なことを認めて伸ばす、というよりは、平均に足りないことを穴埋めして平均に近づこうとする取り組み方。

 

子供はまああれだけど、大人になってから「褒められる」ってホント減るなあと思う。

人を褒めるのも、褒められるのも、恥ずかしいんだろうなと思う。特にね、褒められたらどうしていいかわからんよね。「そうなんですすごいでしょー!」って言ったら馬鹿だと思われるし、「いやいやいやいやそんなそんな」って謙遜しまくるのも疲れる。(さらっと「えーほんと、嬉しい、ありがとー!」がスマートなのかな。)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それに比べて、SNSはいいよね。イイネぼたん一つで人を褒められる(褒める、まで直接的でないけど、好意は示せる)し、称賛コメントも顔出し無しで言える。褒められた側もどんな顔して嬉しがってるか見せなくて済む。結果、「褒め合い」がしやすいんだろうなと思うのです。なのでSNSには「いいねを押し合う」(褒め合う)行為がふつうにあります。

 

実社会で褒められにくいことがある人の場合、SNSで他者からの称賛を得ることにすごい意味を見出しちゃう人、居るよなって思うんです。具体的に炎上起こした人は私は知らない人なので、普段の生活で褒められてるかどうかは知らないですけどね。。人は基本的には、褒められて(いいねって言われて)嫌だって人はいないと思うので。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とはいえ、デジカメはものすごく進化し、スマホですらきれいな写真が撮れるようになりました。こうなると、もはや普通の写真では「いいね」がもらえなくなります。何か特別なことをしないと。(この「特別」のひとつとして、若者が一部フィルムカメラに流れた、とも言われているようです。ウワサです。)

 

SNSでイイネを貰うことにすごい価値を置いている人だと、この状況だと無茶する人も出るだろうなと思うのです。珍しい構図を工夫するくらいならいいですけど、人が入りにくい場所に入る、きれいなおねえさんのリクルート(してさらに無茶する)、構図に邪魔な植物をひっこぬく、寄ってくる観光客をどかす、信号機に登る、人の畑を踏み荒らす、、、写真界隈でSNSしてる人なら、聞いたことがあるものも、あるとおもいます。

 

そうまでして得た「いいね」が何になるのか、って冷静に思う人が多数だと思います。でも、そういう「いいね」がかなりリアルな意味での「生きがい」になっちゃってる人は、結構いるのではないかなと思うのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だから、私は思う。私たちはもっと実生活で褒め合っていい。

 

仕事の関係で少しの間アメリカに拠点を置いてみたのですが、アメリカでびっくりするのが「褒め言葉の発動レベルの低さ」です。具体的には、「ちょっとできたらGood」「ふつうにできたらエクセレント」「期待を上回ったらマーベラス」くらいの感触でしょうか。日本より+3段階くらいで褒められます。

もちろんこのように人を褒めまくることが、良くない結果を生むこともあるそうですけどね。苦手なことばかり指摘され続けるより、苦手なことも指摘されるけど出来ることは褒めてもらえる、社会のほうが良くはないですか。

互いに褒め、褒められ、実社会での承認欲求を満たしていけば、姿かたちの見えない「ネット社会でのイイネ」のために無茶する人、減らないですかね。だって実社会に承認されているから。満足してるから。虚像の世界で無茶せずとも、そんなに不幸じゃなくなるのではないか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

欠点を見つけて上げ足を取るよりも、その人がすごいと思うことがあれば褒める世界がいい。

シャッター切ったらめっちゃきれいに撮れちゃうデジカメの開発は終わらない。写真SNSが無くなることもない。そんな大きな話はカメラユーザー一人が何を思っても変化させることはできない。

でもカメラユーザーがイイネ求めて無茶することを抑制することはできるかもしれない。人に迷惑かけてまでSNS映えに血眼になる必要はないぞ、と思う人が今より増えればいいなあと思う。

 

やっちゃった主をたたくのは簡単だ。どうしたらそういうヒトが減るかを考えるほうが、カメラユーザーにとっては建設的かな、と時差ぼけの頭で思います。

 

 

Akko

 

 

181214_帰国しました

12月10日、半年間のアメリカ短期駐在から帰国しました。

 

アメリカ滞在中は、フィルム現像及び現像済フィルムのデータ化環境が非常に悪かったので(値段が高い&鉄道でお店に行けない)、このブログは放置気味になっておりました。デジタルも撮ってないですし。

 

日本に帰ってきましたので、いつもお世話になっている現像所さんなどにお願いをしつつ、またブログも再開できたらいいかなと思っています。帰国翌日にフィルム6本を現像に出し、ネガ6本をデータ化するためにキタムラに預けました。明日以降で、ポジフィルム10本くらいもデータ化のために発送します。

 

 

いろんなマナー違反の方々のおかげで、Instagramに力を入れたい気持ちがどんどん萎えてきました。インスタ映えなんて言葉、なくなれ。

こういうことがあって、外部交流のツールは私はBlogがいいのかなあ、、と思っています。

 

 

 

あ、そういえばEktachromeも1本だけ、NYで撮れました。

 

NY最高。

フィラデルフィアも個人的にはすごくよかった!

去年行ったマイアミも良いしね~

ボストンも、コンパクトシティながらたのしかった!

そしてアメリカは本当にビールが美味しい。

ここまで地ビール大国になったのは、ここ10年とかそんな感じらしいけど。

若いブルワリーが各地で頑張っております。どこも雰囲気良くてたのしかった。

 

結論、合計9か月住んで

アメリ東海岸めっちゃ好きになりました。

 

 

またアメリカ行きたいな~ 

181109_米国滞在中のEktachrome入手がほぼ不可能になりました

私、帰国予定12月10日。

Kodakの時期バッチが着弾するのは、代理店2か所とも、12月10日の週。

 

Kodakのおひざ元アメリカにいるのに、どういうことほんとに><

 

どーーしよ。と思ったのですが、仕方ないので、こちらでできた知り合い(短期駐在)で日本でも遊べそうな人がいるので、その人のお宅に転送してもらって、冷蔵庫に置いておいてもらうことにします。

 

(>_<)

 

こんなことになると思ってなかったので2か所(8本)も頼んでしまった。なお、8本買うとかどんなセレブだよ、と思われているかもしれませんが、アメリカ国内では$13/1本、であり、配送料も$5とかです。しかも8本のうち3本は、代理店さんがかなり安く売ってまして(祝復活・プレセール!とか言って)$11/1本 でした。なお現在はプレセールは終わっております。

 

かすかな望みは、$11で売ってた方のお店には1.5バッチ目が180ロールだけ届いたらしいので、そこで発送して貰えるかどうか。。だめならこっちも12月です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ああ、NYをエクタクロームで撮るっていう夢が、、、

 

と、ここまで書いていいこと思いついちゃいました。

 

カメラ友が転職のスキマにアメリカに遊びに来ると言っているので、彼女宅に日本国内でフィルム手配して、渡米してくるときに持ってきてもらおう!そうだ、それがいい!(アメリカから日本に輸出したやつをまたアメリカに戻してもらう愚行)

 

 

で、さっそくメールしました。

さてどうなるかなー

 

 

Akko

 

 

181106_他社のご様子

Ektachromeが全然来なくてションボリする一方、Twitterをフィルムアカウントに変更したAkkoです。これからは(帰国後は)、撮ったポジフィルムを、頼まれててもいないのにバンバン出すアカウントにしたいなあ。そのときには当然、英語ハッシュタグもつけるのだよ。世界のフィルム製造メーカーさんに、使ってる人いるよ、とということと、フィルム作ってくれてアリガト!というのを伝達しなければ。

 

本当に、なんていい世の中だ。感謝を伝えたい会社の「中の人」に、スマホから直接メッセージが送れるなんて。

 

ところで、Ektachromeのカムバックにフィルム界隈は本当に本当に湧いていて、ついったーなどでも、エクタクローム、で数百のツイートがされていることがザラにあります。すごい。ほんとに今2018年ですか。P社がフルサイズミラーレスとか出してる世界線と、一回絶滅したフィルムの復活が世界中で喜ばれている世界線が、同時にみられる瞬間が来るなんて、ちょっと想定外だ。

私がフィルムを使い始めたのは2016年6月。リバーサルフィルムに関していえば、そこから、

・一瞬Variochromeが発売され、Agfa precisaとVariochromeとRolleichrome200CRが消えた。そしてこの1か月でEktachromeが復活した。

・その間、九州のトイラボさんでポジ現像が終了し、なら写真くらぶさんでは現像+データ書き込みがちょっと値上げになり、フジのプロラボでのポジ現像が値上がりした。

・フジのリバーサルフィルムの5本パックが終売になり、ばら売りだけになった。

ついでに、

写ルンですの37枚撮り?が生産中止になり、24枚撮り?だけになった

など、Ektachrome復活以外はどちらかというと悲しいことのほうが多い感じでした。

 

しかし。しかしだ。

そういえばこちらの会社も、ディスコンになったフィルムを復活させようと奮闘してくれているのを思い出した。

 

その名も、Ferrania社。

www.filmferrania.it

 

Ektachrome復活で世界が湧いているなか、TwitterとInstaをフィルム垢にしようといろいろ見直していたところ、Ferrania社を思いだしてサーチしてみました。。

その結果、進捗はあまり芳しくなさそうではありますが、工場の再開と継続的生産に向けた工場の状態のアップデートの状況報告が、2018年8月付けでなされていました。8月に報告されているなら、凍結ってことはなさそうだな。

 

富士フィルムさんのCMで好きな言葉があるんですけど

「世界はひとつづつ、変えることができる」

っていうやつで。世間の声で、また他のフィルムが復活する可能性が、本当にあるような気がしてきました。

 

でも忘れちゃいけないのは、写真フィルムは多分あまり儲からない、それどころか赤字なんじゃないか、と思う訳です。使う側は、作ってくれた人への感謝を忘れず、心から楽しんでフィルムライフを送りたいものだな、と思います。

 

Akko

 

 

 

181018_Ektachromeが来ない

 

Ektachromeを待ち焦がれすぎてどうしようもないAkkoです。

 

ですが、Ektachromeは私のところにはまだ来ません。

Film Photography Projectと、the FIND labというところにプレオーダーをしましたが、どちらも初回ロットからは外れた感じがします(FIND labは初回ロット外れがほぼ確定)。。。プレオーダー開始を検知してすぐ申し込んだつもりだったのですが、世界中から待ち焦がれられているだけあって、これでも出遅れたようです。日本にも、B&Hからの取り寄せでもう届いた方がいらっしゃるのと、カメラのスズキさん(私は行ったことないが、Twitterでよくお見掛けする)では最速入荷し、もう店頭販売をしたとのこと。フィルムガチ勢の勢いたるや。すごい。私のようなニワカでは追いつけない。苦笑

 

(追加2018.10.18)

FPPのほうも初回ロット間に合わなかったことが確定しました。FPPが11月中旬、FIND labが11月第1週の配送予定となりました。人気があるのは喜ばしいことだが、自分が手に入れられないのは喜ばしくない、、ぶつぶつ

 

 

そうこうしている間に、Kodak Alaris Japanから国内販売10月26日(金)開始のアナウンスもあり、ヨドバシや、国内の写真現像所さん各所でも月末頃から販売開始のアナウンスが続々とTwitter上に投下されています。時間が溶けるので最近Twitterをやめようとスマホからアプリ削除したんですがね。写真界隈が気になって結局復活。。時間を無駄にしないよう、意識しなければなりません。

 

さて、待ち焦がれられたEktachrome、日本での販売予想価格はとりあえずの約2000円となっている模様です。決して安くはない価格設定ですが、製造設備の減価償却など考えていくと絶対にこうなるし、本国ではおよそ$13での販売なので、輸送/管理などの費用を考えると妥当なところだなあと思います。そして、高いけど、売れなくなればまた撤退されるのみなのです。2000円+現像データ化で約1000円。合計3000円。軽い飲み会1回分ですね。この価格設定、どういう層に刺さるでしょうか。でも、売れなきゃまたなくなるのみです。拡販したい。

 

そこで、海外通販のおすすめを。。(Alaris Japanに怒られるか・・?)

 

f:id:jerryfish0920:20181019033558p:plain

・海外通販勢がよく利用しているらしいB&Hと、

・日本ではもう高すぎて買えないCinestillの製造もとであるCinestill社と、

・変わったフィルムを置いているFPP(Film Photography Project)

の3つの海外通販サイトの値段の比較表を置いておきます。

Fujiは、リバーサルは国内で買っても海外でもあまり変わらないように見えるのでヨドバシまたはきんじょのカメラやさんでいいと思います。(海外通販には、Fujiの期限切れリバーサルが安く($8とか)出ているのを結構頻繁にみるので、それ狙うのはありかもです。期限切れといっても、3か月前に切れたとかそんなもんで、まだまだ十分使えます)

 

海外通販なので、日本への送料がおおよそ$20 かかるのですが、Kodakのフィルムを多く使われる方であれば、通販したほうが安いと思います。まとめて買うので財布事情がね、、、というのもあるので、私としては、2019年には、まとめて買ってTwitterやInstaなどで個人的にフィルムをお分けしていくことを想定しています。昨年いちど、Instaでお知り合いになった人にフィルムをお分けするという経験をしましたが、私もフィルムが傷まなくてよいし、相手はまとめ買いしなくていいし、結構互いに助かったりしています。

 

ところで、こんなに書いててあれですけど、フジフィルムのリバーサル、ProviaVelviaはなんと国内生産なので輸入とかなく、なんと、なんと!

1350円(Provia100f)で買えます。。。!!!!! 

Ektachromeを見てからだと、すごく安く感じますね。。私はProvia100fが常用フィルムなので今までかなり使いましたが、現像後フィルムはほんとうにどれも宝物で、いつ見ても嬉しく、いつ見ても幸せな気分になります。

 

バーサルは高いから二の足を踏む、という方。まあまあ1度騙されたと思って買ってみてください。おそらく想定より素晴らしい体験ができます。

 

バーサルって露出シビアなんでしょ?というフィルム初心者の方、スマホの露出計アプリで計測したくらいでもまあだいたいイケるから心配なさらず使ってみてください。

 

プリントもしないしライトボックスもないし、楽しみ方よーわからん。という方、一緒に写真展しましょう。よくお邪魔している大阪・心斎橋のギャラリー・アビィさんではおりしも今週、「幻灯機写真展・5」を開催中です。

 

ギャラリー・アビィ:幻燈機写真展●5

わたしも去年参加しました。

jerryfish0920.hatenablog.com

 

この写真展は、ギャラリーさんが、人を集めてする公募展なのですが、10人集まればひとり5000円くらいで多分1週間(5営業日)開催できます。来年は10人集めてやりたいと思ってます。

 

 

せっかく復活してくれたものを、再度絶やしたくはないので、2019年はなりふり構わず、リバーサルフィルムの普及活動にいそしむ所存です。

 

 

とりあえず米国滞在あと52日くらいになりましたので、

こちらに悔いを残すことのないよう、帰国までの間は全力でアメリカに染まる所存です。

 

Akko

 

 

 

 

 

180929_Ektachromeプレオーダー*現像5本出した*現像アプリ

 

既に、New Ektachrome の Pre-Orderを済ませたAkkoです。

Film Photography Projectさんでの発売日が10月16日ということで、順調にいけば10月19日か22日頃の配達になりそうです(USPSは土日の配送は無し)。これと同時に、実家の父への配送も手配しました。2017CESでEktachrome復活するよ!との告知があってすぐ、父親に知らせて興奮させてしまったからには、お金はかかりますがさっそく届けてあげる以外ないでしょう。。日本へのshippingは、7~20日、と書いてありました。期間の幅ありすぎじゃないかしら。。。

 

まだ海外通販したことないけどすぐにでもEktachrome欲しい、という方がもしいらっしゃればお知らせください。通販の画面をスクリーンショットして通販のやり方の記事を書きます。

たのしみだなー。入手直後にNYに行く予定があるので、ソール・ライター氏のアトリエ近く(イーストビレッジ)を撮ってこようと思っています。

 

★現像5本出した★

ワシントンDC滞在中の現像は、前回もお世話になったDodge Chromeさんへ。

店内きれいで仕事も早い(預けてから3営業日で戻してくれる)。

こちらに来てから既に1度訪問していて今回は2回目なのですが、1回目のときには、店内でマウント済ポジフィルムをライトボックスで見ている若いカップルがいました。思わず話しかけたくなりましたが、ロクに喋れないし、怪しいのでやめました。もっと英語ペラペラだったらなあ、、、

ちなみに現像料金は、以下の通り。

 

・C-41:1本あたり$9.75

・E-6:1本あたり$10.0(データ化すると$16)

 

人が絡むサービスに関しておおよそ日本の2倍の料金を請求されていることを考慮すると、ポジ現像は結構安いのではないかと思います。ネガは、日本と比べるとちょっと高いかな?

 

★現像アプリ★

1年前にプレスリリースがあった、フィルムをスマホで直接撮影して、そこから現像画像を切り出すアプリ、さっそくDLしてみました。有料、720円。スクショもなんもなくてすみませんが、とりあえずの速報なので。。。

 

今日DLして、今日触ってみた感想ですが、たしかに便利だなあと思いました。ただあくまでも簡易アプリなので、スマホのカメラが貧弱なら画像もきれいでなくなるし、現状のわたしのようにライトボックスが無い状態では光源調達が難しいし(明日は太陽光で試そうと思っている)、ということで、簡易です。

ですが、フィルムにカメラをかざした時点で、ネガ反転の画像が見られるので、フィルムを現像しなくても(スリーブのままで)、ネガに何写ってるのかパッと見てわかるのは超面白いと思いました。

ただ、ここで切り出した画像でプリントは無いな。

Home - FilmLab

データ化まで、写真やさんにお願いするのがイチバンです!

 

 

水曜か木曜にフィルムが戻ってくるので、次の週末の投稿は、久しぶりの写真紹介&上記アプリでのデータ化を紹介します・・・!

 

 

Akko