リバーサルフィルムが好きです

リバーサルフィルムが大好きな管理人によるブログ。リバーサルフィルムの綺麗さを10000人に布教したい。カメラ:Lubitel 166+、Pentax KX。最近、セミイコンタが仲間入り。Instagram:akko0920jp

180806-映像作品と写真(アイドルMVを写真の教材に)

ドルヲタでは全然ないですが、欅坂46が好きです。まだ本物見たことありません。ヲタではありませんが、漢字ひらがな全員の顔と名前が一致するので、世間の会社員のおばさんよりは詳しいです。基本的に箱推しですが、平手さんはもう愛してます。不在なら不在で寂しいが休んでもほしい、でもやっぱ画面の中で動いててくれると本当にうれしくてでも無理してないか心配で、、あなたに対する私の感情は1年前からずっとアンビバレントだよと声を大にして言いたい(私だけじゃないはず)

 

 

それはそれとして、私がなぜ欅ちゃんにドはまりしてしまったかというと、デビューシングル「サイレントマジョリティー」のMVの影響でした。たまたまMステで紹介されているのを見て平手さんにくぎ付けになってしまいました。

紹介された当時は多分、2枚目シングルまで出てた状態でした。なので、芋づる式に他のMVなど見てみたら、また別の曲「語るなら未来を」のMVにくぎ付けになってしまいました。

 

欅ドハマリの要因はほかならぬMVの監督さんです。新宮監督といいます。私より若い人です。ドハマリしてしまった「語るなら未来を」をつくった新宮監督は、その後3枚目シングル「二人セゾン」から、8月15日リリース予定の7枚目「アンビバレント」までずっと表題曲のMVを撮り続けてくれています。このMVがもう毎回最高なんです。

 

どのMVも、解禁された週末にはエンドレスリピートしました。変態かもしれないけど、MVストップしてスクショしてたりもしました。どこで止めても絵になる。どこで止めても、ああなんかいいな、って思う。ああ、こんな写真が撮りたい、って思う。

 

それは、アイドルだから、写ってる子がかわいいから、単にそういうことでもない気がして。きっと、表に出てるこの子たちから刺激を受けて、制作側もいいインスピレーションを貰っているからこそなのかなと思うのです。ありきたりな言葉にはなるけど、被写体に対する愛情。。もう教材研究する目でMVを見ています。(個人的には、選抜制でなく、固定メンバーで安定していいものをみんなで作る体制だからこそ出来ることなのかなとういのも思う)

 

ところで、最新作「アンビバレント」のMVがまたいいんですけど、それがアイドル的にどういいかは、アイドルに詳しい人がどこかで語ってると思うので、フィルムブログ的にちょっと気になったことを書きます。

 

①シーンの色とフィルムのこと。

②1つのMV中に色が混ざってること。

③なぜこんな混沌としてるのにゴチャつかないか。

 

① シーンの色のこと

*スクショは公式Youtubeから撮りました

 

これはフィルムブログだから書きますが、なんとなく。なんとなくよ。

それぞれ、以下のフィルムに色の世界が似てるなあと思いました。

↓ FUJI pro 400H

f:id:jerryfish0920:20180805203104p:plain

↓ Cine still 800T

f:id:jerryfish0920:20180805203130p:plain

↓Retrochrome 320

f:id:jerryfish0920:20180805203119p:plain

f:id:jerryfish0920:20180805203111p:plain

これを見て私は、Cinestill800Tを使ってみたいと思っていたけど、当面はやっぱり400HとRetrochrome320だなと思います。Cinestill800Tに似合いそうな風景をかっこよく写真に収めるセンスはちょっと足りないだろうな。。。


 

②色が混ざってること

新宮監督が撮ってきたこれまでのMVは、1本ごとに色がありました。私の印象では、最初に出合った「語るなら未来を」はなんとなく400Hの色の世界、「二人セゾン」と5枚目「風にふかれても」はRetochrome320、4枚目シングル「不協和音」と6枚目シングル「ガラスを割れ」はCinestill800T。

今回のMVはあっちこっちのいろんな色の世界が1本に詰め込まれていました。これまでの集大成みたいなものだと監督が語っていたという話が公式の本に書いてあるそうですので、世界観も混ぜたのかなと思っています。

 

③なのに、ごちゃっとしてない。なんで。

いや、過去最高(タイ)に忙しいMVで、愛してる平手さん以外は1回目はあと3、4人しかハッキリに認識できなかったけれど。そういうことではなくて、これがまたエンドレスで見ていられるのはなんで。世界が破たんしてないのはなんで。

私はInstagramをやってますが、デジタル写真だとその日の気分でホワイトバランスを弄ってしまうクセがあったので、あまりにもマイページがゴチャついて汚らしく、嫌気が差して更新辞めました。フィルムのアカウントが継続できているのは、ほとんど同じフィルムしか使わないから嫌でも色味が似てきて、デジアカのほうみたいに汚くならなかったからです。

でも、それは間違いだったのかもしれません。だって、色の世界3つが1本のMVに存在していてもゴチャっとせず、延々見続けてしまえる映像がここにあるのだから。ああ、なんでだ。なんでだ。。知りたい。。

 

 

 

と、ここまで無理やり写活に繋げてきましたが、結論としては、欅ちゃんと、振り付けTAKAHIROさんと、新宮監督とが出会って生まれてしまったこの美しい映像作品を見ていられることの有難さを享受したいと思います。出会えてよかった映像作品。

こんな写真が撮りたい。

 

おばさんなのにCD買うのがちょっと恥ずかしくて(別にダレに見せるでもないのに)買わずにいましたが、これからは1枚くらいづつDVDのために製品版買おうかなと思ってます。

 

*この監督さんは他にも多くの有名アーティストのMVを監督されてます。

 そして今、Aimer「Brave shine」 ONE OK ROCK「Cry out」を見て

 監督で映画を選ぶ人みたいにちょっとなってる

*そのまま別のONE OK ROCKのMVを見て、これもええやん!てなってる

 

 

 

 

180804_フィルムが届きました+Ektachrome-Update

f:id:jerryfish0920:20180805005128j:plain

多分、火曜日くらいには届いていたのでしょうが、届いていてもどうせ使えないので週末まで放置してしまったフィルムさんたち。。スマヌ・・・

 

ちょうど今月か先月で期限の切れるprovia(135)*5本@$6

(ふつうのproviaは普通に$12くらいします)

期限がきれていない普通のprovia(120) 

初めて買ったPortra 400

初めて買ったKodak Gold

 

リバーサルフィルムが好きですブログ、ですが、今回はネガも買いました。理由は、ここがアメリカだから。。。?

 

昨年、アメリカから帰国後にこんなことをかきました。大好きなはずのproviaで撮ったアメリカがなんかいまいち気に入らない、という話。

jerryfish0920.hatenablog.com

 

去年初めてこの国にきて思ったのは「光の色が違う」ってことでした。実際どうなのかわからないのですが、私が今年初めて会った短期駐在者も「太陽光が青い」と言っていたので間違ってないのかもしれません。

とにかく、光が違うからなのか、納得いく写真があまり得られませんでした。

 

結局、

日本発祥のカメラ機器たちは日本をきれいに映す色を出し

アメリカ発祥のカメラ機器たちはアメリカをキレイに写すのだろう

と思ったので、こちらにいる間はせめて、アメリカ発祥のフィルムを使っていこうと思ってネガも買ってみた次第です。だってアメリカ発祥のリバーサル無いのでね。。

 

 

ところで、InstagramKodak Prof

essional 公式アカウントが、こんなニュースを。

www.instagram.com

Ektachrome (New) の βテスト開始!!

 

うわああーーーちゃんと製品の形態になってる! 誰かのとこに届いてる!

この投稿のコメント欄を見ると

 「えっ、なんで、βテスト? どやったらβテストメンバーになれるの?」

 「私もテストメンバーなりたい!!」

 「もうβやってるなら、αでもγでもいいからテストメンバーになりたい!」

みたいな、阿鼻叫喚気味なコメントがズラズラと。。、苦笑

私ももちろんそう思う。

今回βテストやってるのは、どこのどなたなんでしょうか。

きっとKodak関係者なんだろうな。Kodakのラボの人とかかな。

 

とにかく、進捗しているようです。お願いだから、私があと4か月半ここにいる間に販売してください。。。!!!

 

 

Akko

 

180728_provia100fとRetroChrome160

f:id:jerryfish0920:20180729003812j:plain

並べました。

安定のプロビア、変わった色のRetroChrome160.

Retrochrome160はでも、まき直しフィルムだからなのか何なのか、最初の5コマほどが赤くなってました。24枚撮りなのに、です。まあでも販売元のFilm Photography Projectでは$7.99で販売しているので、国内販売のprovia100f単品と比べて、撮影枚数比較ではまあ大損でもないかなという感じです。というか、提供してもらえるだけえありがたいので、細かいことは気にしない精神で行きたいと思います。

そういえば、ちょっと潔癖気味なので基本的に中古品が苦手だったのですが、カメラの中古を使い始めてからあまり気にならなくなりました。

最初の5枚が思った色にならない24枚撮りのフィルムも、この国(今、アメリカです)の感じを見ると納得というか。

 

この国の人の多くはいろんなものが結構適当で、でも社会が回っているので必要以上にキリキリしません。自分も緩いから相手が緩いのも許している感じがします。あ、もちろんすごい真面目のすごい人もたくさんいるのでしょうけど。

それに反して日本は、自分がちゃんときっちりやるから、相手にもきっちりを求める社会の気がします。

私はどっちかというと適当な人間なので、正直この国のちょっとした緩さ羨ましいです。

 

メトロには時刻表ないし、平気でディレイするし、メンテばっかりしるしエスカレーターは動かないし。でもみんな焦らない。心の余裕があるのでしょう。

 

あと最近とても印象的だったのは

「メトロの中で音楽かけてダンス踊り始めた人」

「メトロの中ですごい大声で泣いちゃった子ども」

に対して電車の中の誰もが寛容であったことです。

ダンス踊り始めちゃった人(若者グループ)に対しては、おおすげーなーと見守る人、動画撮る人、去り際に拍手しちゃう人までいて、

大声で泣いちゃった子どもに対しては、向かいの席に座っている人がものすごくあたたかな笑顔を向けていました。

 

この国の全てがスバラシイ訳ではありません。

貧富の差はかなり激しく、仕事環境は厳しい(実績がないと就職できないなど)、すぐクビ切られる、病気になったら半端なお金では治療できず。私は多分この国で死ぬまで生きるのは無理だろうなと思います。

 

が寛容さは本当に羨ましい。。この半年で自分の気持ちを十分癒して帰国したいと思います。

 

Akko

180724_ごぶさたしておりました。Retrochrome160現像できました

当ブログを覗いてくださっている奇特な皆さま、、大変ご無沙汰しております。米国滞在中の現在、通常業務が慌ただしくて、写真を撮るどころかフィルムの調達すら昨日やっとのことで行った、Akkoです。

こちらは、フィルムやっすーい、です。B&Hというところから取り寄せるのですが、Portra 5本で$38、Ektar 1本$7.5とか。Cine still T800とかも、Amazonで仲介の人から買うと1本2000円とかしますけど、直買いなら$11くらいです。それでも高いけど、2000円よりは相当マシですので、Cine still好きは直販に挑んだらいいと思う。挑む価値ありですよ。

 

ところで。

ついに。

Retrochrome160が現像されました。

 

青っぽく写ることは解っていたので、いつ撮ろうかいつ撮ろうかと悩み、おおこれは!と思ったのが紫陽花の時期でした。

撮ってすぐにアメリカに来て、家からだと車で15分、電車+バスで1時間のところにある写真やにフィルムを預けまた回収に行くという、日本よりもはるかに厳しい現像環境で現像してきました。いえね、車がある人には余裕です。残念ながら私が車に乗れないので、公共交通機関を使うか、Uberでお金払うしかないという感じです。ちなみに、預け時も回収時も、行きはUber、帰りは公共交通機関を使いました。どうでもいい情報。

 

f:id:jerryfish0920:20180724135520j:plain

f:id:jerryfish0920:20180724135542j:plain

f:id:jerryfish0920:20180724135603j:plain

現像1本が$10で、データ化すると$16、、、ケチった結果、昨年同様「パソコンで真っ白な画面を表示させてフィルムを置き、スマホで撮る」ということをしたら、こんな程度になってしまった。次回からデータ化するか、、、

 

それはそうと、やはり紫陽花の青には結構ハマった感があります。でも、3枚目の左側の紫陽花はこれはピンクだったので、ピンクは容赦なく紫っぽくなります。意外だったのが、白い紫陽花はあまり青くならなかったこと。まだまだ研究が必要です。

 

そういえば、こんな残念実写データでなく、スキャニングしたデータを載せてくれた人を紹介します。手持ちだったRetroChrome160をなかなか使えずにいたとき、Insta繋がりで他のフィルムをお譲りした人が居ます。で、RetroChrome160が冷蔵庫に4本眠ってて、永久に使う予定がなかったので勢いよくプレゼントしちゃいました。冷蔵庫への滞在時間が長くなるだけ、劣化するので。

inkphy.com

フィルムはじめの感光っぽい部分が、ウチの冷蔵庫由来だったら申し訳ないな。。と思いつつ、またこちらで新たに購入してみて、その真偽のほどは確認する予定です。

 

Akko

 

180706-八百富さんの記事

https://mobile.twitter.com/yaotomicamera/status/1015135898273370112


スマホから更新につきツイート出なくてすみません、ので画像貼ります。


f:id:jerryfish0920:20180706190100p:plain



大阪のカメラ屋さん、八百富写真機店さんのツイート情報を見て心が震える。たしかに最近、インスタでもブログでも『フィルムやってます』とあうのを多く見るようになった。


いま富士フイルムさんはフィルムどんどん縮小してるけど、私は富士フイルムさんがCMで言ってる(言ってた?)


『世界は一つづつ変えることができる』


っていうメッセージとても好きなのです。



写真フィルムも、フィルム好きな人たちが楽しむことによって、また、新しい使い手と新しい世界を得て行く未来もありそうだなぁと思います。



渡米して2週間経ちましたが、激動すぎてカメラも写真も何もやってません、、こんな時期もあるよね、旅行してる訳じゃないのだから、と思ってます。


Akko

180630_2018年上半期

#今週のお題「2018年上半期」

 

なんですか、もう半年終わりましたか。。。今年の上半期は、海外渡航のことばかり考えている半年でした。

 

2018年2月の南米・ウユニ塩湖行きが2017年11月に決まり、そこから調整。そして5月又は6月からの渡米も同じく2017年11月に決まり、まずはウユニ旅をしてからのビザや渡航の調整。4月に仕事の環境が変わり、非常にデキる先輩が管理職になって以降、仕事がたのしすぎてついみんな頑張りすぎちゃって全然仕事は終わらないし(つまりまだ増えてる一方ということ)一方で渡航のことも考えていて、写真の頻度が下がってしまっていました。

 

1月:ウユニの準備で終わる

2月:ウユニ旅と旅の片づけと写真現像とブログと腹痛で終わる

3月:このころから仕事が増える

4月:ビザ手配をしていたら気づいたら終わってた。

   渡航準備と、渡航中の旅行の計画をし始めて終わる

5月:渡航準備(買い出しとか)で土日がどんどん終わってく

6月:渡航直前すぎてばたばた、こっち来てからは時差ぼけで寝続ける

 

こんなにあっという間にすぎた半年があるだろうか。ウユニまだたっだ4か月前だなんて信じられません。

 

 

この間、リバーサルフィルム界隈には衝撃しかありませんでした。

Fuji Filmの素晴らしいリバーサルフィルムの実質値上げ

Fuji Filmさんのラボにおけるリバーサル現像の値上げ

Agfa CT-precisaの販売終了(Fuji が作ってたので)

Vario Chrome完売確定(2017下期はまだ在庫たまにあった)

 

これより以前からトイラボさんはリバーサル現像をやめ(2019年には業務を終了されるとのこと)、なら写真クラブさんはリバーサル現像の値上げ。

時代の流れとはいえ、リバーサル好きにはかなりきっつい半年/1年ほどでした。

 

我らの希望の光、Kodak Ektachromeは、2018年後半の発売を予定しているとのことで予定より1年押しになってます。でも、これが出てくれたらまた、少しフィルム写真界隈盛り上がったりするのかな、と思います。

 

最近は、Instagramやブログでも、フィルム写真ブログを見掛ける頻度が上がってきたなあと思います。なんでもデジタル管理できるこの時代に、我々はなんでフィルム写真を愛しているのでしょう。それも考えながら、2018年後半は、後半のうち、または2019年前半中に何かしらフィルムを人に販売する形式で拡散したいと思っています。

 

なお今までにフィルムを進呈した人は9名になりました。もっと多くの人に、実際のフィルムを見てもらって、おお!ってなってもらって、実際に使ってもらうまで持っていけたらいいです。

 

使ってもらうためにはTipsと安いカメラが必要なので、これもまた、安い汎用カメラを(多分Lomographyあたりから)探して選んで試しに使って用法を紹介していかねば、と思います。

 

 

やることめっちゃあるな。

リバーサルフィルムの活躍する時間を少しでも延長するために。

青空写真展もやりたいなー

 

 

という、人生とカメラの半年振り返りでした。

 

 

Akko