リバーサルフィルムが好きです

フィルム未経験からいきなりリバーサルフィルムで撮ってる管理人によるブログ。リバーサルフィルムの綺麗さを10000人に布教するのが目標。使用カメラはLubitel 166+、Pentax KX。ただ今アメリカ長期出張中(84日間)につきデジタルばかりでごめんなさい。帰国後にフィルムBlogに戻ります。Instagram:akko0920jp

170217_明日から実家に帰省(3日間)

f:id:jerryfish0920:20170217201905j:plain

(近所。私ねこじゃらし好きらしい。だが私は猫ではない)

 

水曜日に東京に日帰り出張しましたが、明日から3日間は関東の実家に帰省します。

数年前、一か月に3回、東京に行ったことがありました。出張と、帰省と、友人に会いに。自分の生活の拠点がドコなんだか解らなくなりかけました。けど、単身赴任とかでずっとこんな生活してる人もいるんだよなあ。。なんで日本てこんなに単身赴任多いんだろな。一緒にゴハン食べれなきゃ家族じゃない!て同僚(片道4時間の単身赴任)さんが昔言ってました。ほんとだよ。

 

妹がもう臨月の妊婦なのですが、私の帰省に合わせてダンナ置いて遊びに来る模様。そんなにおなかおっきい状態って本当に今この瞬間だけなので(二度目があるかもわからんけど)カメラは持っていきます。ま、私なんぞが撮らなくても、父親が飽きるほど撮ってるはずですが。

数年間、フィルムカメラ殆ど触らなくなっちゃってた父親は、数年前、私のイチガン復帰を見てデジタルとーちゃんになって戻ってきました。今私がフィルムに移行しようとしているのを見て、いったいどう思っているのでしょうか。

 

娘や息子(つまり私ときょうだい)が写真を撮らせてあげなくなってから、約20年の長大な時間が流れてしまいました。この間、父親にはいろいろあり、フィルムカメラは衰退し、フィルムや現像は高くなり、父親の自家現像(ネガ)もとんと止んだでしょう。

 

でも、妹にこどもが生まれること、長女がなぜか急にフィルムを触りだしたこと、そしてコダックのリバーサルが復活すること、これらのすべての要素が、父親の写欲に火をつけるに違いない。楽しみだなあ。おじいちゃんになって、いろんな苦労を知った後の父親が撮る、うまれたての命。