リバーサルフィルムが好きです

リバーサルフィルムが大好きな管理人によるブログ。リバーサルフィルムの綺麗さを10000人に布教したい。カメラ:Lubitel 166+、Pentax KX。最近、セミイコンタが仲間入り。Instagram:akko0920jp

171224_2017年の写活を振り返る

 

2017年の写活を振り返ります。

 

2017年は、リバーサルフィルムが好きなのに、撮る(現像する)機会にちょっと恵まれなかったなあ、という感じがします。昨年に比べてフィルム率がとても薄い。嫌いな訳じゃないのです。ただただ、撮るエネルギーが。デジタルでさえ去年より減ってますね(後に示す理由で、ショット数は多いんですが。。)

 

①公に出る系

行きつけのギャラリーさん主催の写真展に4回出展しました。

 ①-1:2017年2月 Life is Journey @Solaris (デジ)

 ①-2:2017年8月 Sky and Sea @Solaris (デジ)

 ①-3:2017年9月 オオサカ フィルムフォトウォーク @Solarisほか

 ①-4:2017年9月 幻灯機写真展 @ギャラリー・アビィ (フィルム)

特に4の幻灯機写真展は、リバーサルフィルムの美しさを、普段リバーサルを使わない人にも普及できたうえ、半世紀にわたり写真を撮り続けている父親の写真を大阪の心斎橋で他人様に公開することもできて、多分とても良かったと思います。 幻灯機写真展は好評につき来年も開催予定とのことで、これも楽しみです。

 

jerryfish0920.hatenablog.com

 

②コンテスト系

地味なコンテストですが入賞いたしました。全天球カメラthera(RICOH)。

もう、写真がすごいとかじゃない。ロケーション勝ちでしかない。けど、当該場所にそのカメラを持っていった閃きを買ってもらったということにいたしましょう。アイスランドのアイスケイブの青いやつで、Akko名義です。公式Instaでは700イイネくらい頂きました。人生で700イイネもらうことはこの先無いかもしれません。

 theta360コンテスト:Life in Color (第5回)

theta360.com

 

③他人を撮る系

問題が生じる可能性があるのであまり人には言ってなかったですが、もう辞めるので。OurPhotoという「カメラ持ちと撮られたい人をマッチングする」サイトで、他人の写真を撮りました。2016年10月に登録し、16年中に5回ほど、2017年になってから(アメリカ3ヵ月行ってたのに)15回ほど撮影しました。こちらもAkko名義で撮ってました。

そんな、お金貰って人を撮るなんて、腕前どうやねんという話はありました。でも、一応登録時に審査があるので、審査で「腕足りません」言われたらアッサリ諦めようとエントリーしたら採用してもらえました。

これやってみようと思った理由はいくつかあって

 ・その場その場で撮りたいものを見つけて撮る能力を鍛えたい

 ・いろいろな家族に会ってみたい

 ・自分に家族がいないので、他人でもいいから、カメラで人の幸せに貢献したい

このようなサービスに対するカメラ持ちさんたちの感想はいろいろだと思うのですが、私としては、目指すものがあって始め、その目指すものは得ることができました。辞める理由は「嫌になったから」ではなく、またアメリカ行っていいよ、って言われて一応職場で少しは期待をかけてもらっているのに、土日をこうやって人のために時間を消費しているのは今はダメなんじゃないかと思うこと。十分に身体を休めて平日めっちゃ働くか、勉強すべきじゃないかなと思ったことです。

活動自体は、毎回はじめましての人と出会うので、前夜から緊張して眠れず、出会う直前には心臓がバクバクし、冷や汗かきながら写真とって、いい家族だったなあって振り返りながら納品して達成感を得ていました。

出会ってくれた家族の皆さんには本当に感謝です。こんな、どこの人かわからない人に、子どもちゃん1歳とか、年賀状写真とか、大事なタイミングをお任せいただきました。そして、いろいろな家族に出会って、やっぱり家族持ちっていいなあ、と思います。30歳直前まで結婚願望の「け」も無かった私でも、やっぱ真剣に家族を見つけようかなという気分を高めてくれました。ありがとう。

 

そんなこんなで今年は、撮ること自体は、
・桜が週末1回で散り
アジサイの季節は日本不在で写ってくれる友人もおらず
・コスモスは台風で倒れ
いろんな意味で不発気味でした。

ですが、上記①②③のとおり、カメラと写真という趣味を通じて、社会とつながれた1年だったように思います。中学生のとき(って20年近く前だな。。)に、地元開催の小さなコミケで自作イラストのグッズを売るなどして、作ったモノでひと様と交流を(ライブで)していました。そんなことが好きな私には、TwitterとかInstaとかのSNSで世界を広げていくよりも、生身の付き合いのほうが自分に合うのだなあと思っています。人の反応がダイレクトに見られる。売れても売れなくても、選ばれても選ばれなくても。(昨年の写真集飲み会も、だから本当に楽しかったのです)

 

 

2018年は、花が無くても写真が撮りたいし、フィルムをたくさん撮りたい。渡米してしまうと現像環境と画像のデータ化に難が生じるのですが、データ化は、、、今から勉強して、現像済フィルムをデジカメで撮る作戦でいこうと思います。

 

ここから年末まではもう現像が間に合わないので、リバーサルフィルムが好きです、ですがリバーサルフィルムの内容更新はできません。また2018年にお会いしましょう。

 

2017年もお世話になりました。