リバーサルフィルムが好きです

リバーサルフィルムが大好きな管理人によるブログ。リバーサルフィルムの綺麗さを10000人に布教したい。カメラ:Lubitel 166+、Pentax KX。最近、セミイコンタが仲間入り。Instagram:akko0920jp

170914_やきもき

f:id:jerryfish0920:20170914223644j:plain

f:id:jerryfish0920:20170914223717j:plain

ただいま開催中、オオサカフィルムフォトウォークに出展しています。↑は、その最終選考くらいまで残った写真です。ワシントンDCと、西隣のバージニア州との間を流れるポトマック川。営業日54日。だいたい100回くらい渡った、ワシントンメトロ・イエローラインの橋から。きれいだったなあ、ここの夕焼け。いや、ほんとは、夕焼け見れる時間まで職場に居ちゃダメって言われてたんですけど。日本じゃないから、日が暮れちゃうとあんまり安全じゃないから、って。でも、そもそも営業日が54日しかないってなったら、勿体なくて、とても明るいうちになんて帰宅できませんでした。

 

 

さて、カナダにワシントン組(Oちゃん、一目ぼれ君、一目ぼれ君の後輩)を誘った訳ですが、みんな結構お財布に余裕があるようで、飛行機全然確保してくれないので、いつか「やっぱやめた」って言われんじゃないかと思って、小心者の私はドキドキしています。

私はもともと旅慣れていて、飛行機はかなーり安いやつ(限界まで、、という所までは達観していない)、宿も一人ならドミトリー、みたいなのがふつうです。となると、同じ大陸内でフライト時間2時間以内、なのに往復4万超えてくると、私としてはもう限界高いのです。

なんせ私が押さえたカナダ行きフライトは、成田⇔トロントで68,000円(諸税込)。さらに、2時間以内なら例えば、関西⇔札幌、とか、関西⇔台北(3時間)とか、往復2万円くらいで飛ぶのが当たり前になってしまって。。。いえ、これも、格安航空LCCを誘致しまくって大盛況な関西空港発着便を使える大阪府民の嬉しい悲鳴なのですが、飛行機に対する金銭感覚は完全に狂ってしまいました。

で、そんな感じなので、高いーもうやーめた、とか言われちゃうんじゃないかとヤキモキしてしまうのですが、これはまあ私のよくないクセなので、相手方を信じて、リマインドしない、催促しない、を厳守しながら約2週間。基本的に不安症な私は、相当ドキドキやきもきしているのですが

そういうの精神衛生上よろしくないので、もう寝ることとします。笑